デイエゴ・リベラの壁画の意味がやっと分かった @デトロイト美術館 (DIA) – Diego Rivera & Frida Kahlo in Detroit #2

デトロイト美術館(Detroit Institute of Arts: DIA) の目玉である、デイエゴ・リベラの大壁画。これまで、その意味するものを特に考えることもなく、わあすごいな、と思うくらいでぼーっと見ていたのだが、この「Diego Reivara Frida Kahlo in Detroit」展と、壁画の間にいたボランティア女性たちのおかげで、理解ががぜん深まった  \(^^)/

Diego Rivera’s murals in the court of the DIA are well known. In the ‘Diego Rivera Frida Kahlo in Detroit’ exhibition at DIA, you can see Diego’s sketch drawings for the murals. And thanks to the volunteers in the mural court, I now finally understand what the murals mean,

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「Diego Revera Frida Kahlo in Detroit」展では、リベラの壁画(mural)の元となった巨大なスケッチ画が展示されている。「元」というか、それらのスケッチ画に忠実に、そのままその通りに壁画を描いたそうだが。

たったの11ヶ月(1932-1933)で仕上げたそうだ。日々、20時間近く壁画に費やしたとのこと、つまり、起きてる時間は、ほぼ全て、壁画の制作にあてたことになる。

この展覧会は、ニューヨークタイムズに取り上げられ、デトロイト美術館のDirectorはラジオ (NPR)のインタビューにも出た。(NY Timesに取り上げられたから、ラジオも取り上げてくれたのかも。NYタイムズの注目を浴びれば、とたんにみんなから注目を浴び始めるものだ(笑)

The NY Times wrote about this exhibition and the radio station NPR interviewed the director of the DIA. Once the NY Times writes about anything, all other media want to pick it, too.

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

壁画の間に入ってまず目につくのは、向かって一番奥の壁。農業がテーマ。ふくよかな女性が左右に二人、豊穣な収穫の農作物を腕に抱える。全ては農業が基本であるから、まず農業が第一の壁に、ということ。

中央に、地下の球根内に眠る人間の赤ちゃん。

この赤ちゃんは、フリーダ・カーロの流産を悼んで描いたものだとのこと。なんか、泣けます。。(妻のフリーダさんは、ここデトロイトの病院で一度流産をしている)

The murals begin with the theme of agriculture, which is the basic industry for human beings, with the human baby in the plant bulb. Rivera drew this baby in the plant bulb after his wife, Frida, had a miscarriage.

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

左手の壁(北壁: the North Wall)には、自動車工場で働く労働者達が描かれている。

The wall on the left (the North Wall) is the people working in an automotive factory – of course. It’s Detroit.

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ボランティアの女性が教えてくれたのだが、この壁画が描かれたのは1932-1933年、大恐慌時代(the Great Depression)。デトロイトも恐慌の波を受け、自動車工場労働者たちは解雇され、路頭に食事配給をもらう長蛇の列ができる。工場はガランとしていたそうだ。

だから、リベラがこの壁画を描いた時は、こんな工場の風景ではなかったのだ。

そして、もうひとつ注目すべきは、白人と黒人が一緒に働いている様子が描かれていること。

当時は、自動車組立作業に雇ってもらえたのは白人だけだった。黒人は白人と一緒に作業をするなんてとんでもなく、清掃係のような仕事しかありつけなかった。だから、黒人と白人が協力して作業しているこの図は、デイエゴが持つ理想像であったのだ、とのことである。

The volunteer ladies explained that in reality, it was the Great Depression era when he made this mural, so the automobile factories were actually almost empty…people were laid off and on the street looking for food… And the auto factories in those days had never had the different races working together like this mural.  Rivera drew his ideal in the mural.

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そして、上の方を見上げると、黒い肌と赤銅色の人間が2人、横たわっている。手には、それぞれ、鉄鉱(iron ore)と石炭(coal)を握っている。

Above the workers in the factory, there lie a black man and a red-skin man – each holding in his hand iron ore and coal.

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

反対側の壁(南壁: the South Wall)には、白人と黄色人が。黄色人は、いかにも中国人っぽいね。手に持つは、それぞれ石灰石(limestone)と砂(sand)。

鉄鉱石、石炭、石灰石、砂の4つが、工業の根幹を成すものだから、だそうである。

そして、この4つの肌の色の人種に、上下はない、みな同等、とデイエゴは主張しているるのである。

「あ、そう」と我々は聞き流してしまいそうだが、これは、1930年代当時では、人々の度肝を抜くような、ものすごい先進的な考えだったのだそうである。

On the opposite wall (South Wall), a white man and a yellow-skin man lie – each holding in his hand limestone and sand. Coal, iron ore, limestone, and sand were supposed to be the four most important mineral for the industry. And there is no hierarchy among the four different color-skin people; they are all equal. We may think, ‘right, so what’ – but in the 1930s, it was such a radical and progressive idea.

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

なんか、ソビエトのプロレタリアート作品を見ているようでもあるね。

I kind of feel like I am looking at a proletariat art.

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

右端にいる、スーツを来た二人は、当時のフォード社社長(グレーのスーツ)と、当時のデトロイト美術館館長なんだそうだ。デイエゴをデトロイトに招待してくれた人たちだ。

共産主義者だったデイエゴを、フォード社の社長が招いたこと、そして、ちょっとソビエト社会主義的アートを思わせるような壁画を描くことを認めたこと、は驚き。1930年当時、共産主義は米国でも、メキシコでも、かなりの勢いがあったらしい。ひょっとしたら、共産主義信望者であることは、当時、カッコいい流行みたいなことだったのかも?

リベラからしてみれば、資本主義大国のアメリカの地で、資本主義の頂点レベルに立つフォード社の社長から報酬をもらって(2万ドル:今の25万ドルほどのあたるそうだ)、社会主義を思わせる壁画を作ることに、やりがいを感じた、と、展覧会で流されている映画で説明していた。

うーん、芸術家というものは、お金持ちにパトロンになってもらわないと食べて行けいのが世の常だから(だったから?)、リベラもまたしかり、か。

The guy in gray suit is the president of Ford. The guy in the brown suit is the head of DIA. They invited Rivera to make the murals in the DIA. Considering Rivera was a communist, it’s amazing the president of Ford invited and paid Diego and let him make murals which would somewhat look like Soviet art.  Rivera, being a communist, accepted an invitation and remuneration from the big capitalist. Artists always needed or wanted rich patrons.

****************

壁画の間にボランティアの人たちが何人もいて、ぼっと壁画を見ていると、向こうから「何か質問ありませんか?」と来てくれた。ボランティアのトレーニングを受けているのだろう、本当によく説明してくれた。まず展覧会でスケッチ画を見て、それからボランティアさんの説明を聞けば、理解がうんと深まります。描かれた当時の時代背景がよく分かったので、壁画が、俄然、面白くなりました!

貴方もいかが?「Diego Revera Frida Kahlo in Detroit」展(7月12日まで)。

Thank you so much for the volunteers in the mural court. They were very passionate about the murals. Thanks to their help, now I can understand and enjoy the murals much better.

 

関連ポスト:フリーダ・カーロと日本のちょっとした縁?デトロイト美術館(DIA)

Advertisements

About tukusigal

もう長いことミシガンに住んでいる日本人オバさんの、自分なり、それなりのミシガン湖地方見聞記でーす。I am a long-time resident of Michigan. I am here forever. A middle-age Japanese woman. I love Imari porcelain, so my profile photo is an Imari vase which I bought in Imari, Saga, Kyushu, Japan. When I retire (when...?), I reveal my photo - but by then I may be too wrinkled (lo).
This entry was posted in アート(arts), デトロイト (Detroit) and tagged , , , , , , , , , , , , , . Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s